仕事の本質!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!


お金 の検索結果:

「やるべき」「やらねば」とか偉そうに言うなら、行動しろよ💢

…会社と約束は、きっちり守れ! 守らせろ! <推薦図書> ビジネスパーソンが仕事や生活のうえですぐに活用できる大人のための言い訳集が登場。大事な会議に遅刻したとき、書類等が納期に間に合いそうもないとき、休日に上司から誘われたとき、家庭のお金を遣い込んでしまったとき、奥さんや恋人に浮気がばれたときなど、日常的に遭遇する具体的なシチュエーション別に、たったワンフレーズでうまく切り抜ける最強の「言い訳」を集めました… 書籍名:悪用禁止! いますぐ使える大人の言い訳大全著者名:夏原 武

労働意欲のないのに、就職活動…⁉︎

…るが、ハッキリ言ってお金の無駄だ… それを見抜かねばならない採用担当者や経営者も大変だ… 「見込みのある人」と「見込みのない人」の違いとは…⁉︎ビジネスでの会話は、言葉の裏側にある意図を汲み取ろう…新入社員のふり見て、我がふり直せ… <推薦図書> 就職活動の疑問、不安をすべて解消! 採用担当者の本音、就活攻略ポイントが満載。就活スケジュールに対応した最新の就職総合ガイド本です。「きまじめA君」「ちゃっかりB君」「しっかりC子」が、試行錯誤を繰り返しながら、立ち向かっていく就活…

間抜けな売り込み野郎…

…ハンコもつかないし、お金も払えません…。悪いね、目当てのカネが手に入らなくて…。こっちにも自分の時計はあるのでね… <推薦図書> あなたは、「どうして、売れないのか?」「なぜ、売れるのか」を、きちんと学んだことがありますか?本書は、顧客の関心事に沿った「シナリオ作成」、心理学を応用した「質問力」「洞察力」の強化による応酬話法を構築し、訪問目的を達成する『売れる営業マン』になるための究極の指南書です。洞察力×質問力×人間力で『本当の営業力』が身につき、さらに心理学を活用すること…

仕事における人間関係の難しさ…

未知の恐怖… 人は分からないコトに遭遇すると疑い出す。疑いは恐怖を生み。恐怖は嫌悪や敬遠に変変化する。そして、距離は開き、溝が出来る… 未知を断ち切れ! 距離を縮めよ! 話し合え! 分かり合え! 互いが分かり合えないことで険悪になる二人の管理者の関係を俯瞰し、密かに応援する。二人とも素質が高いのに、そんなことで足踏みをしている… 何とか克服してもらいたい… 摩擦はチャンス… 摩擦は、新たなアイデアの起点なのだ。摩擦はブレークスルーの機会なのだ。そして摩擦は、その後に生まれる一…

会議が長いとボヤく前に…

無駄な打ち合わせ… 打ち合わせとは、準備が出来ていないと円滑にいかないもの…。きちんと準備をしないと出席者の時間を無駄にする。会議が長いと嘆く前に準備をしっかりしなさい… 会議が長いとぼやく客先従業員に辟易する。会議アジェンダすら事前に把握せず参加し、事前情報をその場で反芻し時間を潰す…。挙げ句の果てに「長い会議はよくない」とあちらこちらの本に書いてあるがそれを受け売りで講釈をたれる… 会議は出席者全員の問題… 私から言わせれば、会議を仕切る側の問題もあろうが、君らの話に限っ…

人が独立すると聞いて、批判する人、嫉妬する人…

人の成功に嫉妬し足を引っ張る輩たち… やってみないと分からないじゃないか… 近々、独立をする知人が、戦略や計画を披露してくれた。私は正直に「よく練りこんでいるね…」と言うと、周囲には評判が悪いという。「多くの人が、批判や否定をする。絶対うまくいかないと言われてしまう…」と嘆いていた… 各自の発言の意図は知らないが、ある種のやっかみだとしたら嫌な話…。私は聞いてうまくいくと思ったのだが…、批判や否定をするのがちょっと年配の方だそうだ… 何がダメなのかな? 安いコストで、ちょっと…

「要望」は「期待」と同義な筈なのに…

顧客の要望… 顧客の要望が正当に高いのは、期待値と同義である。それを、「意気」と「嫌気」の狭間で揺れるのがビジネスマンの性… 意気に振れれば仕事の質は上がる。嫌気に振れれば上がらない… 要求に正当性があるにも関わらず、質の低いビジネスマンはこう言うのだろう…「そこまでやるのですか…⁉︎」この疑問は正当性を指してはいない… せっかくの期待なのに… 顧客の要求に応えられず、自分の尺度で「そこまでやるのですか…⁉︎」と聞く、質の低いビジネスマンがいる。評価されている、あるいは期待さ…

権利主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、まず義務を果たせ…

権利と義務は、本質的には対等なはずが… 組織が従業員の権利を守ることは重要だが、従業員が組織に義務を果たす事が前提だ。義務を果たすのは利益を残す事と同義といってもいい…。権利と制度を提唱する人は五万といるが、前提である義務が満たされている事が条件だ…。聞こえのいい権利の主張が、置き去りにされた義務を無視した遠吠えに聞こえてならない… 権利の主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、権利の前に義務を果たせ💢 こういう輩に限って仕事が出来ない。ここまで言うと言い過ぎか…。いやいや、あな…

侍ジャパンから学ぶ、組織ヴィジョン

小久保ジャパンを見た雑感… 侍ジャパンの組織ヴィジョン。小久保ジャパンの強化試合を観た雑感です。結論は、「この組織は何がしたいのかわからない」という印象… 本番前だからいいっちゃいいんですが、ちょいと準備不足かなと…タイトルホルダーを集めれば文字通りドリームチームの出来上がりだが、まるでテレビゲーム… 「新しい代表チームの野球」を決めずにスターを集めて個の力で勝とうとしているようにも… 組織ヴィジョン策定は、リーダーの役割 歴代代表監督の王さんや原さんは明確に「日本の野球」を…

従業員満足やワークライフバランスが先ではないのだ…⁉︎

…うのだ…。環境整備はお金がかかる。そのお金はどこから出るの…⁉︎ を考えれば分かりそうなものだが…誤った従業員満足やワークライフバランス論に、ため息が出る… もちろん、上記過程の中で、環境整備やワークライフバランスを充実させることは非常に有意義である。そうして活力ある組織や採用競争力が得られるのもわかる…。ただ、お客様に喜んでいただく…これがトリガーであることに変わりはない… <推薦図書> 「生産性を上げるには、チームでやらなきゃダメだった!」600社へのコンサルティング経験…

なぜか評価されないキミへ…

…とは他者基準の世界。お金を払う側が尺度を持つ。若い人にはこれを最初に分かってもらいたい。残念ながら、分かっていない大人も多い… 若手社員はよくこの「私はがんばっています」アピールを多用する。が、このアピールに周囲は冷淡だ… 評価は、キミが決める事じゃないんだよね… <推薦図書> カリスマ人事コンサルタントが教える「仕事で結果をだし、評価されるための思考法」 不本意な異動を成長の機会に変えるには? 「できる! 」と思わせる期待値調整の技とは? 本当に身につく「本の読み方」とは?…

どうせなら楽な仕事がしたい…

…く、質の高い仕事を楽にしたいのだ。それが工夫ということか… 楽な仕事だけをしたいのであれば、率直にそう言えばいい…。それに見合った報酬の仕事は世の中に多数あるのだから… <推薦図書> 人生の半分以上の時間を過ごす「仕事」をイヤイヤしているほど不幸なことはない。豊富なインタビューや実例をひきながら、自分にふさわしい生き方=天職の探し方を教えるガイダンス・ブック。 書籍名:ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる (VOICE新書 001) 著者名:マーシャ・シネター

ゴージャスな暮らしはゴールなのか…⁉︎

…暮らし…。誰しもが、お金に不自由なく、物質的な欲求が満たされることを夢見る…。だが、暮らし向きの良し悪しは、決してゴールではない。ましてや勝ち負けでもない… ただ、努力の成果のひとつである事は間違いなく、努力ゼロでゴージャスな暮らしはそうそう手には入らない…。どうせなら、それが誰かに喜ばれる努力の先にあるものであって欲しい… 物質的な欲求を満たすことをゴールと考える若いビジネスマンは多い。過程の一つではあるので、まずはそこに邁進してもらいたいが、いずれ、それだけではないことが…

あるべきマネジメントは性善説? 性悪説?

あるべきマネジメントは性善説?性悪説? マネジメントにおいて性悪説は重要だ。表面的に見える事象、発せられる言葉を疑うことで、真実は見えて来る。ただし、信頼係数の高い部下には性善説も必要である。部下を、組織を信じることで、信じられることで明日への活力は醸成される。 要するに、大切なのはバランスなのだ…。縛るのがマネジメントの目的ではない。成果を挙げるのがマネジメントの目的だ。性悪説だけではマネジメントは成立しない。性悪説中心のマネジメント組織に未来はない… ▶️マネジメントの本…

売れる営業マンは何が違うのか? 売れる営業マンの共通点は?

売れる営業マンは、売れない営業マンと何が違うのか? 売れる営業マンは、売上と同等に顧客との関係を重んじている。 自分・自社はどう見られたいのか? どう見られるべきなのか? そこを重んじれば実績は勝手に付いてくるという考え方である。関係構築のためのツールはたくさんある。行為が重要なのではない。関係が重要なのだ… ▶️「要望」は「期待」と同義なのに…▶️営業に重要なのは「話力」にあらず…▶️ 顧客を騙すインチキ営業マン💢 売れる営業マンは「態度」が違う! 先日お会いした、売れてい…

新入社員諸君!! 自らを磨くのだ!負けるな!

苦戦する新入社員… 今年新卒で入社した営業社員が、苦戦している…。なかなか営業成績が上がらず、腐った態度を見せている… 「◯◯があれば…」 「値段が安くなれば…」 「いいタイミングで欲しいという顧客が来れば…」 「れば」「れば」…の連発では、残念ながら、チャンスは来ない。誰かのせいにして生きていては運はおろかチャンスも呼び込めない。奇跡が起きるかどうかは知らないが、人のせいにせず、真摯に生きていれば少なくともドラマは起こる… チャンスやドラマは努力のあとについてくる!自らを磨…

アポイントを確率高く取るには…⁉︎

…非常にやっかいで、「お金がない」「時間がない」「興味がない」という断り文句に悩まされた経験があるはずです。 アプローチを「3つの段階」にわけて、各段階で適切な質問をしていくと、お客様は自然と商品が欲しくなります。質問によって会話が進むので、「売り込み」と受け取られることなく、スムーズに話が進むのです。また、流れに沿って決まった質問をしていくので、どんな人でも取り組むことができます。アポ取り、飛び込み、訪問……やっかいなアプローチを楽しみのアプローチに変える1冊です。 書籍名:…

恫喝するマネジメントはもはや時代遅れ…⁉︎

時代遅れのマネジメント… 恫喝する管理者へ、その論調は何のために? 是非目的を明示されたし… 相手を黙らせ、征服をしたいのなら、その成果を見せられよ。過去にそのやり方で実績があったと言うなら、何らかの条件や前提違いはないか?時代も人も違う前提に於いて、その恫喝が成果に近いものとは思えないのだが… 過去の栄光を拠り所に、恫喝型マネジメントを繰り返す営業部長を見ていてそう思う。見込みも増えない、受注も上がらない。交通事故的に出てきた案件は負け続き… こんな状況下で、その過去の栄光…

「根拠のない自信」とは、自分勝手な自己評価でしかない…

ムクれる若手社員は、成果の基準が得てして低い… 若者によくある「根拠のない自信」…。これは成果の基準差に依るところであろう。「なんでこんなにやってんのに💢」とムクれる若者は多いが、得てしてその多くが、成果に対する基準が低い… 基準が自分自身にあると成果は概ね低く、市場や他者にあると概ね高い。若者は、経験や勉強不足から、残念なことに「まあ、こんなもんだろう」の程度が低いのだ。そこで外部基準を見せつけられるとやる気が萎んだり、感情的になったりする… 「根拠のない自信」を先輩につぶ…

いい加減、出来ない言い訳はもういいから、やれよ💢

「出来ないこと」は恥でもなんでもない… 「出来ないこと」を、恥じてはならない。「出来ないこと」に気づくのも、成長だと思って欲しい。「間違い」が問題ではなく、「気づき」があるかないかが重要だ。トライやチャレンジがなければ、「気づき」もない。なんでも好結果・好印象で終わろうと思った段階で気づきの機会を失っていく… やりもせずに「出来ない」と連呼する輩はどんな組織にも多数いる。挙げ句の果てに、指導する側を答えの正否を正す始末…。組織から要求されているのは、正しい結果や好結果だけでは…

営業マンに必要なのは「説明」ではなく「会話」だ…

必要なのは「説明」ではなく「会話」だ… 新卒営業マンが、先輩営業の「話力」に憧れる…。御多分に洩れず、我が社でも発生している愚かな事象…。プレゼンが上手い営業がカッコよく見えるのは、わからないでも無いが、プレゼンだけでは、営業として成り立たないのも事実… 営業にとって本当に重要なのは上手い「話力」ではない。上手い「会話力」だ。「話力」はアウトプットのみだが、「会話力」にはインプットを伴う。つまり聞き取り、汲み取りが必要なのである。「話力」に溺れる者は欺瞞や虚勢に陥る。いわゆる…

不満を漏らすだけでは、組織は動かない…

組織における交渉とは…⁉︎ 組織に何かを望むなら、それだけの何かを示せ…。分析でも実績でも成果でも構わない。交渉相手を動かす説得材料を示せ…。交渉相手がさらに上へ交渉出来るようサポートせよ…。本当に望むのであれば、それもせず不満を口にしてはならない。平等に交渉出来る権利の存在はここにあるのだ… 上司や会社の対応に不満を漏らすサラリーマンは多くいる。説得する気もなく、「どうせダメだ…」を何も行動に起こさない…。組織は交渉社会だ。明確な説得材料がないと上司はもちろん、会社も動けな…

今時の若者は…とボヤく前に管理職が本当にやるべき事とは…⁉︎

人材育成の本当の意味は? 管理職・先輩諸氏の皆さん、人材育成の意味を本当におわかりでしょうか? 答えは2つです。 技術・技能の伝承長い間、組織に根付いた技術や技能の伝承を継続するために人材を育成します。 新しい価値観の流入により時代の変化にアジャストメントすることアジャストメントしていくことで、変わりゆく市場環境に適応する対応力をつけるためです。 この2つで間違いなく言えることは、 教育者のコピーを作ることではない。 教育者が使いやすい人材を作り上げることではない。 この2つ…

顧客を騙すインチキ営業マン💢

ビジネスは互いにリスクを負うもの… リスクの意味を考える…。ビジネスをする上でリスクはつきものだ。商取引に絶対はなく、相互の納得が契約に反映されるといっていい。顧客に負わせてリスクを回避するものなのか、共に考え算段を立てることが回避なのか。どちらもリスクの回避手段ではあるが前者は客観的に見ても受け入れにくい… ビジネスは50:50だと考えたい。バランスの悪いビジネスは禍根を残す。口八丁で相手に負わせることが交渉上手とは思えない… 顧客を騙す営業マンは鼻につく… 言葉巧みにリス…

管理職が内向きなごますりに騙される組織は崩壊する…

組織の内側に意識が行き過ぎると… 組織の中で内側ばかり見ていると、顧客の話題がなくなる。組織内競争となる為、悪口や不満が多くなり、否定的な憶測や噂が社内に飛び交う。保身の為に「できない」など失敗を避ける会話が増え、仕事をしない理由探しをする。結果、顧客の意図が汲み取れず、自社都合が先に立ち、顧客からの苦情が増える… 内に向いた目は… 狭い社内での評価がものさしとなり、会話をしていても、顧客の話題が出ない。内に向いた目は、上司に気に入られれば存在価値を勝ち取ることが出来ることに…

君の強みは、相手にとっても同じか?

顧客を知ることがどれだけ大事か… 売り方について議論をしていると、売る側と買う側で考えている「強み」の違いがよくある事に気づく。例えば、事業者にとっては当たり前の事がお客様にとっては画期的なことだったり、逆に自社で「強み」に思っていることにお客様にとっては、興味がなかったりするのだ。 顧客を知ることがどれだけ大事か…。伝える順序や表現方法を、顧客主語に変えるだけでかなり違うと分かる。顧客不在で、自社の「強み」を語るとどうしても自社主語になりがちだが、顧客という存在を入れると、…

新入社員のふり見て、我がふり直せ…

4月に入り… 4月に入り、街では新入社員と思しき人を見かけることが多くなりました。新入社員の特徴は… スーツの着こなしがひどいその姿はさながら中学生のよう…。大きめのサイズ選択をしているのか、不格好である。 集団で動く夕方などに集団で動き、やたらとテンションが高いので電車の中など非常に騒がしい。 不釣り合いなメイクや髪型スーツの着こなしが下手なうえに、やたらキメキメのメイクや髪型… その姿は、一目で新入社員だと認識できる…。特に男子がひどい。 何を参考にしているのかわからない…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉️⑧ 〜お金は持ってるだけでは減っていく〜

…〜」で触れたように、お金を増やすにはシンプルに考えると、 収入を増やす。 支出を減らす。 貯めたお金を運用する。 の3つしか方策はありません。今回は、「貯めたお金を運用する」ことについて、その前段として、もし「運用」しなければ、どうなるのかについて書いていきたいと思います。 「運用」というと、少し難しく感じるかもしれません。運用の仕方なんて、学校ではまず習わないですし、日本はお金の話はまるでタブーかのような風潮もあります。なので、「運用」すると損をしてしまうようなイメージをお…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉️⑦ 〜税金を減らす〜

…出額を減らし、貯めるお金を増やす方策が必要になる。しかし、残念ながら、税を減らす方策については、当然でもあるが税収が減ってしまうことを国が高らかに広報することもなく、知識を能動的に得なければ、知らず知らずに損をしているということになるのだ。ここでは、サラリーマンでも出来るいくつかの税金を減らす方策について触れるが、常に税の動向に目を光らせ知らずに損をしていることを減らす努力が必要になると考えて欲しい… 確定拠出年金(日本版401k) これは、以降に触れる「お金を運用する」フェ…

マネジメントに、いい人は要らない。必要なのは、正しい人だ!

ある日のクレームに対して… 取引先から考えられないビジネスマナー違反をされ、それを担当者の上席者へ指摘をする私に、その上席者はこう言いました。(ちなみに、個人に対して怒ってはいない。個人に興味はない…) 「言っていることは正しいんだけど、彼も悪気はないんだから…」 身内をかばって出た一言。クレームを要求する私に対して、その上席者は事実ではなく、部下のことだけを見ている…。これでは話にならない… 「ヒト」と「コト」 いい人は「ヒト」を見る。正しい人は「コト」を見る。いい人は、そ…