仕事の本質!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!


正社員 の検索結果:

最後の転職…⁉︎ それ嘘でしょ…?

…信用ならない… 早く正社員になりたい…だけでは企業は採用しない…「正社員になりたい…」だけでは動機が弱い理由…⁉︎ 面接で本当に語るべきは…⁉︎ 本当に、必要なのは「この先」なのではないだろうか…⁉︎ 「この先」を語るべきではないだろうか…⁉︎ 「過去の栄光」や「過去の美談」ばかりを語ろうとする輩がいかに多いことか…。過去をもって、過去と同じ事をしたがっているのでは進歩感が乏しい…。その積み上げたキャリアの何処に、成功のコツや成功への課題を感じ、実績を次のステージでどう変化さ…

権利主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、まず義務を果たせ…

権利と義務は、本質的には対等なはずが… 組織が従業員の権利を守ることは重要だが、従業員が組織に義務を果たす事が前提だ。義務を果たすのは利益を残す事と同義といってもいい…。権利と制度を提唱する人は五万といるが、前提である義務が満たされている事が条件だ…。聞こえのいい権利の主張が、置き去りにされた義務を無視した遠吠えに聞こえてならない… 権利の主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、権利の前に義務を果たせ💢 こういう輩に限って仕事が出来ない。ここまで言うと言い過ぎか…。いやいや、あな…

不満を漏らすだけでは、組織は動かない…

組織における交渉とは…⁉︎ 組織に何かを望むなら、それだけの何かを示せ…。分析でも実績でも成果でも構わない。交渉相手を動かす説得材料を示せ…。交渉相手がさらに上へ交渉出来るようサポートせよ…。本当に望むのであれば、それもせず不満を口にしてはならない。平等に交渉出来る権利の存在はここにあるのだ… 上司や会社の対応に不満を漏らすサラリーマンは多くいる。説得する気もなく、「どうせダメだ…」を何も行動に起こさない…。組織は交渉社会だ。明確な説得材料がないと上司はもちろん、会社も動けな…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎⑥ 〜住居費を減らす〜

…たが、一部上場企業に正社員で勤め、他借金の返済を滞らせていなければ…。金融機関にとっても、住宅ローンはさしてリスクの高い商品ではありません。今や団体生命保険もあるため、もし万が一死亡時も保険がおりるため、金融機関が返済を得られないリスクはないのです。金融機関がリスクとして捉えるのは、 会社が倒産しないか? リストラにあわないか? すぐに退職しないか? 返済を滞らせないか? といった、収入が突然途絶える懸念と、個人への懸念です。 そのため、金融機関は、 勤務先規模 雇用形態(正…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎③ 〜上場企業に入社する〜

…、東証一部上場企業・正社員雇用が必須要件であること について、言及させていただきました。今回は、どうすれば東証一部上場企業に入社できるかについて、現在私は人事職をしているので、実態に即し述べさせていただきます。結論としては、「以下を参考にし、数多くの上場企業に応募しなさい」としか言えません。無情なように映るかもしれませんが、それくらい企業と新入社員の「縁」というのは、実際としても奇跡に近いとも思っています。 就職活動も、営業活動も、「数打ちゃ当たる」ではないですが、ある程度数…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎② 〜収入を増やす〜

…こえてきそうですが、正社員雇用をオススメ致します。けして、派遣社員やパート・アルバイト・契約社員を蔑視するわけではありません。もちろん多種多様な働き方があり、自身のライフプランに即した働き方につくことはすごく重要なことですし、様々な雇用形態があることで、企業が成り立っているというのも事実です。ですが、もしお金を貯めたいのであれば、正社員であることは絶対です。これは、東証一部上場企業に派遣社員で入るのであれば、むしろ非上場の会社に正社員で入った方が、「お金」という側面で物事を語…

面接での人の見抜き方 〜面接官は面接で何を見ているのか⁉︎〜

…。以前も記事「はやく正社員になりたい…」「「正社員になりたい…」だけでは動機が弱い理由⁉️」で書きましたが、人を1名採用すると会社には約3億円のコストがかかります。3億円の損失はもちろんのこと、周囲への悪影響を考えるとそれ以上の損失を考えると、人事はそのことを念頭に、人を見極めなければならないのです。面接官になる方はもとより、面接を受ける方にとっても参考になれば幸いです… 面接での人の見抜き方 ズバリ結論から申し上げると…人の見抜き方は「話させること」に尽きます。職務経歴書や…

そこのキミ、幼稚な「告げ口」をやめてくれないだろうか💢

幼稚な告げ口に左右されるな… 「◯◯さんの業務ミスが多いので、担当を外して下さい」 どこの職場でも、よくある話…ミスの事象や損害だけで、外すかどうかの判断をしてはいけない…そんなものは幼稚な「告げ口」だからだ… ミスには、原因と対策がセットだ…すぐに、「人」に帰結するものではない。ミスを繰り返した場合は対策を実行していないか、対策が誤っているかのどちらかなので、論理的にその検証をしないままに「人」をどうこうするなどの判断をしてはいけないのだ。 ミスの被害を被った側が感情的にな…

「正社員になりたい…」だけでは動機が弱い理由…⁉️

「早く正社員になりたい…」への反響… 先述記事「はやく正社員になりたい…」は非常に大きな反響をいただいた。同意や共感だけではなく、異論・反論もあったため、物議を醸してしまった形なのだが、これだけで議論は尽きない、興味深い問題がそこには含まれていると推察する。 非正規雇用社員が増大した現状では、「正社員」であること自体がステータスになりうる時代に突入しつつあるのだ…。実際に、住宅ローンなどの借入可否や金利にも影響があるくらいだから、既に突入していると言ってもいいのかもしれない……

早く正社員になりたい…だけでは企業は採用しない…

早く正社員になりたい… 私は人事をしているが、制度・組織を担当しているため、採用活動にはあまりタッチしていない…。だが、制度や組織と採用・教育は密接に連関しているため、中途採用の面接に同席することも多い… 応募者は30代前半男性。独身。 最初の就職先を5ヶ月で辞め、ある分野の専門学校へ… 学んだことを活かせぬまま、派遣社員として金融機関の事務センターへ… 数年後、そこで覚えた仕事を活かして正社員になるべく就職活動… 労働人口の多い職種のため、正社員登用の道は険しく、またも派遣…

「仕事」と「作業」は異なる…

仕事とは? 「仕事」とは、かける労力と成果の大きさとのバランスのことである。 言わば、テコのようなもの…少なくとも物理学では「仕事」とは、そういう意味を指す。小さい力で大きなものを動かすことが、本当の「仕事」だ。 「仕事が忙しい」と自慢気に連呼する社員には、「で、成果は?」と聞いてみる。 成果がないのであれば、それは「仕事」ではなく、単なる「作業」だ。大抵は、忙しいのは労力=コストだけで、会社にとっては損失でしかない…。 「作業」や「労力」を、「仕事」と勘違いしている社員は多…

あなたの会社は、休みが取りやすいですか…⁉️

属人化と標準化… あなたの会社は休暇が取りやすいですか?休暇が取りにくい会社は、マネジメントレベルが低いと言っていい…。最近報道されているが、ブラックバイトなんかはまさにこの典型例である。 なぜか…? 皆さんもご存知の通り、業務が人につき、組織についていわないからだ。これを「属人化」と言う。一方で、業務の手順や判断基準などが、整理整頓され書面されている会社もある。これを「標準化」と言う。 標準化の方法は単純で、 手順、判断基準などを決める。 決められた手順、判断基準などを書面…

派遣社員へのマネジメント…

…員へのマネジメントは正社員へのマネジメントより難しい。企業の論理は通用せず、上司のマネジメント能力が問われるのだ…。そのため、単純に会社の論理を押しつけやれと求めても、モチベーション高く業務には従事しがたい。「そんなの、知ったこっちゃない」というのが派遣社員の本音であろう… 派遣社員へのマネジメント… では、どうするか? 言うことを聞かないと、派遣社員に責を転嫁し、派遣社員を交代させるのは問題外… 期待せず仕方ないと諦め、契約範囲内で業務指示をするのは、三流のマネジメント… …

最近のマネジメントの難しさ…

…も言えないだろう。 正社員であれば、就職する企業情報を知り、事業内容を知り、いわば方向性のあった人だけが応募する。企業や事業の内容にも元々やりたい人が集まるのだ。納得し同意し入社している為、企業の方向性には従いやすい。 派遣社員をマネジメントする際、企業の論理は通じない。上司のマネジメント能力が問われやすいのだ… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> 企業の人…

金儲けの前にまずやるべきこと

…すい。最近は相対的に正社員というだけで、信頼を得られるという。きっと後10年も経てば、何の価値もなくなるだろうが、今現在においては、企業に属するということ、正社員ということには大きな価値がある。 所属しているだけで信頼は得られる… 金儲けをする際、どこかに所属しているだけでいい。それを、むやみやたらに捨てることは辞めよう。私自身、会社組織から離脱し、フリーランスとしての生活を目論む一人であるが、この信頼を失うのは惜しいと思っている…。かつ、会社というのは所属するだけで資金を得…

「会社」という形態は、10年後には破綻する…

資本主義の崩壊… 資本主義が明治維新後に日本へ定置し、100年あまり…。資本つまりは売上や利益を行動の源泉としている「会社」という形態がいつまで続くのだろうか… 結局は利益を最終的な目的としている「会社」は、急速に縮小や変化をする市場に対し売上をあげることが困難になり、人件費を下げざるを得ない。社員は市場でもあり、当然ながらお金を使わず、資本の流通は悪循環をたどる… 「会社」という形態は、破綻し10年後にはなくなっているかもしれない。ヴィジョンを最終的な目的とするNPO法人や…

本当の幸せとは何だろうか…?

本当の幸せとは? 幸せとは…? 健康であること 友人がいること 家族がいること 生活ができること そして、没頭できることがあること… 没頭できない仕事で報酬を得ても、意味はあまりない… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> 数々のメディアに取り上げられ、日本中を感動の渦に巻き込んだ「奇跡のチョーク工場」に学ぶ、13歳から考えたい「働くしあわせ」とは? チョーク…

日本のサラリーマンなんてやってられない💢

…ことが起きています。正社員は労働基準法に守られ、解雇されることもなく、成果も上げずとも、ある一定の報酬が確保されています。「成果を出す人」と「成果を出さない人」とでは、存在価値の差ほどの報酬格差はなく、「成果を出す人」が「成果を出さない人」を養う構造となっている。 そんな日本の制度やサラリーマンの在り方に嫌気がさし、税制・法律をうまく活用し、お金持ちになる近道=独立起業を模索していきたいと思います… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載…