読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



「要望」は「期待」と同義なのに…

顧客の要望…

顧客の要望が正当に高いのは、期待値と同義である。

それを、「意気」と「嫌気」の狭間で揺れるのがビジネスマンの性…

 

意気に振れれば仕事の質は上がる。

嫌気に振れれば上がらない。

 

要求に正当性があるにも関わらず、質の低いビジネスマンはこう言うのだろう…

「そこまでやるのですか?」

この疑問は正当性を指してはいない。

 

せっかくの期待なのに…

顧客の要求に応えられず、自分の尺度で「そこまでやるのですか?」と聞く、質の低いビジネスマンがいる。評価されている、あるいは期待されているからこそのせっかくの要望=期待。それを踏みつけて「そこまで」などという輩…


「そこまでも考えられない程度なのですか?あなたは…」


それでは売上が上がるはずがない…

 

f:id:nue0801:20170109003519j:plain

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

レストランのメニューというのは、上から3行目が一番注文される確率が高い。つまり、そこに利益率の高い料理を置けば店の利益が増える、ということ。料理の順番を並べ替えるだけで、経営が改善することもあるのです。そんな、目からウロコのレストラン経営手法。そこから学ぶ、一般ビジネスパーソンが仕事に応用できるテクニックが満載です。

 

書籍名:なぜレストランのメニューで3行目を選んでしまうのか?
著者名:氏家 秀太