読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



できるビジネスマンが実践している「報告」のコツ❗️

報連相について

いわゆる「報告」「連絡」「相相談」について…

 

「何を今更…そんなこと当たり前じゃないか…」と思った方は要注意。

「そうだよな。これがなかなか難しい…」と思った方は、わかっていらっしゃる…。

 

そう。実はこれって結構難しいんです。

「自社」や「自分」にとって悪い情報であればあるほど難しい…

 

聞き上手はビジネスシーンに強い!相手から言葉を引き出す魔法

 

主観が入るケース

特にビジネスの現場では、この「事実の正確な把握・報告」が出来ていないケースが多々見受けられます。

 

主観(思い込み)が入ったり、願望(◎◎であってほしい)が入ったりすると、報告された上司・組織は、判断や決断を誤ります。(記事「3断」「策に溺れるな!」参照)

 

特に「自社」にとって不都合な内容は、報告する際に、怒られたくないという意識から事実が曲がることがよくあります。(これは、本当に多い…(ー ー;))

 

思い込み

次に思い込み…。

これで管理職の方は悩まされています。

 

疑ってくれる上司は、まだいいです。修正が効きますから…

疑ってくれない上司は、報告を聞き流し、読み流し、組織を危機に陥れます…

 

疑ってくれない上司だと、報告を挙げる側の皆さんは、その場の報告という作業をクリアできるから楽なのですが、その報告を基に判断をする幹部・経営のことを考えてみてください。

 

保身の為に、組織を危機に陥れては絶対にいけないのです…。

 

報告のコツ

脅かしてばかりでもいけないので、少しだけコツをお伝えします。

 

報告のコツは…

  1. 事実(起きたこと、誰が見ても同じ絵)を報告する。
  2. なぜ、そうなったのかを分かる範囲で報告する。
    (事実として認識している場合は、事実と所見を分けて報告する。)
  3. 今後の対応や考えを明らかにする。

この3つです。

 

1. だけだと伝書鳩。「との事…」などを付ける報告は当事者意識を疑われます…

3. まで入れるとかなりいい報告ですね^ ^

 

こういう報告技術は社内だけではなく、顧客や関係者に対しても必要な能力です。

報告のうまいビジネスマンは顧客・関係者からの信頼もぐんと上がることでしょう。

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

上司が納得する報告、仲間が増える連絡、悩みが解決する相談。仕事は「コミュニケーション」がものを言う。上司にも同僚にも取引先にもお客様にもツボを押さえて「報・連・相」をしていけば必ず仕事がうまくいくようになります。あなたの仕事ぶりを信用してもらうための一冊。

書籍名:絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)
著者名:丸田 富美子