仕事の本質!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!


原因 の検索結果:

語るは易し…実践せよ…⁉︎

…。 「すぐやらない」原因は、「性格」でも「やる気」でもありません。脳が「すぐやる」モードになっていないだけです。「すぐやる」ために必要なのは、「今すぐやるぞ! 」と気合いを入れることでも、モチベーションアップの方法を学ぶことでも、やれない自分を責めたり励ましたりすることでもありません。自分の脳を「すぐできる」ように仕向けてやることなのです。 脳を「すぐやる」モードに切り替えることができれば、同じ行動でも、実行に移すまでの労力が驚くほど小さくなるでしょう。そのスイッチは、本当に…

会話を書き写すだけの議事録なら要らない…

…深く考えると…こんな原因が浮き彫りになります。議論の流れが読めずに、どの漢字に変換していいかがわからないのだと…議論の流れが読めれば、変換自体は間違えないはずなのだ。 語彙が貧弱仮に議論の流れが読めても、漢字を知らないので変換ソフトの変換チョイスを誤る。概ねこんなところでしょう…議論の流れを読み取る思考力は、字面を追っていても身に付かない。文章と同じで、文脈という「脈」を読み取らないといけないのだ。何を言っているのかではなく、何を話しているのかで読み取る訓練をしないと議論の流…

そこのキミ、幼稚な「告げ口」をやめてくれないだろうか💢

…からだ… ミスには、原因と対策がセットだ…すぐに、「人」に帰結するものではない。ミスを繰り返した場合は対策を実行していないか、対策が誤っているかのどちらかなので、論理的にその検証をしないままに「人」をどうこうするなどの判断をしてはいけないのだ。 ミスの被害を被った側が感情的になるのは理解するが、感情に任せて「告げ口」するのも非常に幼稚な話だ…幼稚な告げ口で判断を迫られるマネジメント側はたまったものではないし、そんなマネジメントコストもバカバカしい…。 そこのキミ、「告げ口」を…

なぜ、課長は業務に追われるのか⁉️ 回避する為の2つの対処法…

…う1つは、事業の根本原因(真因)を突き止め、解消や対策をとることで、再発や同様の事象の発生を抑えることです。一社員に起きた事象は、同様に他の社員でも起きるでしょう…同じことを同じ組織内で繰り返さないために何をすべきなのかを見出し、実行する(実行させる)のが管理職の大きな役割なのです。これは成功時にも同じことが言えるでしょう。成功事例から成功の要因を見出し、組織として実行し、成功率を最大化させるのです。 残念ながら、この2つができていない管理職が多いような気がします…そして、対…

「結果」より「プロセス」がなぜ重要なのか…⁉️

…手が打てません。何が原因で、何の手立てをすれば、結果が出るかがわからないからです。つまり、売れなかったこともまた、結果オーライだからです。 狙った過程で、狙った売上がとれたかどうか… これができていないことに危機感があるか… そこが、重要なのです…。「売れればいい」ということではありません。 「プロセスデータ」を有しているか…⁉︎ あなたの会社では、過程を示す「プロセスデータ」を有していますか? 野球で言うなら、出塁率、得点圏打率、防御率など…etc 営業で言うなら、見込進展…

部下が過労で倒れたとき…あなたは何を考える⁉️

…通の社員です。過労の原因を自己管理に向けるのはある意味では正解… いないものと割り切って、仕事の分担を提言する→ いい社員です。顧客や組織が見えていて、前向きに物事が考えられます… ざっと挙げるだけでこんなくらいのパターンが渦巻きます…。そんな周囲を尻目にあなたは何をすべきだろうか…?普通の社員以上のことをしましょう!あくまで倒れたのは自己管理。倒れろと言う指示をするはずがないので、どんな激務であったとしても、倒れるまでに自分で判断せねばなりません。で、管理者は何をすべきか……

「言語障害」と「欲望障害」

…本および海外の6 つの国(アメリカ、イギリス、スウェーデン、フランス、ドイツ、韓国)で実施された若者の意識調査(内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」)に基づき、浮かびあがってきた、突出して低い日本の若者の希望度。なぜ日本の若者が未来に希望を持てないのか、経済状況、家庭環境、人間関係、教育状況、仕事状況等々のさまざまな角度からその原因に迫る。日本の未来を考える上での必読書。 書籍名:日本の若者はなぜ希望を持てないのか: 日本と主要6ヵ国の国際比較 著者名:鈴木 賢志

満員電車内の異様な光景…

…あります。一方、長時間労働など仕事の環境が原因で体や心の不調を訴える方が多いという事実は否定できません。会社の理不尽な慣習に違和感を覚えている人や「仕事こそ人生」という価値観に窮屈さを感じている人は多いはずです。はたして日本人の働き方は、このままで良いのでしょうか。この本では、働くことに関する理不尽や問題の根本を洗い出し、悩みながら働いているすべての人に「脱社畜」するための思考法を提案します。 書籍名:脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法 著者名:日野 瑛太郎

現実論と机上論

…現実は? 問題は? 原因は? 真因は? 課題は? 計画は? これらを考えず、現実だけをとらえ文句をいうのは、マネジメントとは呼ばない。逆に、机上の空論だけを見て、具体的現実には何もしないのもまた然り… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> 4つのシンプルなステップで問題の真の原因を突きとめ、適切な解決策を見極める。定番の1分間シリーズ問題解決編。 真の原因をつ…

何をすべきか?何を捨てるべきか?

…題がある場合は、根本原因だけを潰そうしないと、結局あれもこれもになってしまう…。これも前述「必要以上に頑張らない。」で記載した、頑張る新任マネージャーによく見られる光景… 全体俯瞰し、将来俯瞰し、何をすべきか、何を捨てるべきかは、マネジメントの大切な役割である… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> 15年振りに、完訳版として再登場!最も重要なことを実現する実…

仕事に必要な「コミュニケーション」とは…⁉︎

…が極端に少ないのが、原因だ… 多くの会社は、 決算期単位でCHECKし、 何かしらの原因をその場で検証し(言い訳し)、 そしてまた計画する…。 こんなことをやっているから、同じことを何度も何度も繰り返す…。それを防ぐ為にも、CHECKは頻度高く実施しよう。私の感覚値では、1週間に最低でも1度は必要だ。 マネジメントの役割… で、どうするか?洗い出すタスクの中に、CHECKするコミュニケーション機会を事前に設定してしまうことをオススメする。マネジメントの役割は、 CHECKをし…

事件は現場で起きている‼️

…たのか、記者会見の役員等責任者がどこまで現場で現実を自分の目で把握したのかが、甚だ疑問である…。 本質的に原因を分析するのであれば、現場に行き、実際の打ち合わせや契約シーン、施工を実体験しなければ、真因は見えてこない… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> 書籍名:5ゲン主義 現場管理者の心得著者名:古畑 友三 書籍名:5ゲン主義―人を育てる著者名:古畑 友三