読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



権利の主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、権利の前に義務を果たせ💢

組織が従業員の権利を守ることは重要だが、従業員が組織に義務を果たす事が前提だ。

義務を果たすのは利益を残す事と同義といってもいい。

 

権利と制度を提唱する人はごまんといるが、前提が満たされている事が条件だ。

聞こえのいい権利の主張が、置き去りにされた義務を無視した遠吠えに聞こえてならない。


権利の主張を繰り返す「口達者な従業員」よ、権利の前に義務を果たせ。


こういう輩に限って仕事が出来ない。

ここまで言うと言い過ぎか。いやいやあながち間違っていない。


何度でも言う。

権利の主張をする前に義務を果たしてくれ。

 

けして、ブラックな事を言う気もさらさらない。

その点はわかった上の発言である。

 

が、義務を果たさず、のうのうと過ごす労働者まで保護する法規制にもうんざりする。

経営と労働は、本質的には対等な関係であるべきと考える。

義務に対しての権利や報酬であって、やはり前提なのだ。

 

ここ最近の日本は労働者保護に偏り過ぎてきている気もする…。

 

f:id:nue0801:20161123213906j:plain

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

・会社員をやりながら、フリーのカメラマンとして働き、カフェも経営する
・フリーでカメラマンをしながら、ライターやデザイナーもする

会社員、フリーランス、経営者といった職業形態に囚われず、さまざまな働き口を、自分で選び自由に組み合わせる。それが本書で紹介する「モジュール型ワーキング」という働き方です。本書では、その説明はもちろん、安藤美冬氏など、4名のモジュール型ワーキング実践者への取材も掲載! 実践的なワークも用意しました。

「会社員がいいか?」「独立・起業がいいか?」

そんな二分法だけでは、今の職業人生を生きていくことは困難です。新しい第三の働き方「モジュール型ワーキング」によって、あなたにピッタリの働き方を、つくりあげていきましょう。

 

書籍名:社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方
著者名:佐藤 達郎