仕事の本質!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!


教育 の検索結果:

学びの反芻が出来る人…

…> 「今のような学校教育はいらない」と語るのは、現代の論客といわれるメディアアーティストの落合陽一氏。 「人生100年時代」に本当に必要な教育とは?デジタルネイチャーの時代に身につけておくべきことは?・・・学び方のヒントがわかる“教科書"です。 「学び始めるのに適正年齢はない」ので、学生、社会人、子育て中の親、生涯教育について知りたい人・・・あらゆる世代や立場の方に響くものがあるはず。 落合氏自身の幼児期から今に至る軌跡もたどり、時代を牽引する天才がどう形成されてきたかも探り…

あなたの言葉は本当に伝わっていますか⁉︎

… <推薦図書> 営業教育のカリスマ講師、青木仁志(あおき・さとし)が書き下ろした、著書通算20冊目の記念出版。プロセールス、セールスマネージャーを通して培ってきた「人間力」に加えて、人材教育コンサルタントとして上場企業、東商、各公共団体など延べ15万人以上の研修実績を持つ、まさに“プロの話し手”が書いた、本当の「伝わる技術」。テクニックだけでは補えない、自分の意見を、意志を、思いを確実に伝えるための全てのコンテンツがこの本には記されています。人と人とのコミュニケーションが上手…

今時の若者は…とボヤく前に管理職が本当にやるべき事とは…⁉︎

…なく言えることは、 教育者のコピーを作ることではない。 教育者が使いやすい人材を作り上げることではない。 この2つを押さえていただきたいものです。勘のいい方はおわかりかと思いますが、この2つは教育者(個人)主語なのです。上記に挙げた人材育成の意味は、組織が主語なのと、市場(社会)が主語なのです。 ここまでいえばおわかりかと思いますが、管理職・教育者の役割にこの人材育成は不可欠です。若者が少々使いにくいご時世なのは承知していますが、若者を悪くいう前に考えること、やることがあるの…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉️⑦ 〜税金を減らす〜

…く、日本における倫理教育的にも平等であることが好まれる風潮にあることが大きく起因していると思われる。日本はやはり秀でる存在を忌み嫌う文化なのだ…。しかもご存知の通り、日本は類を見ないほどの少子高齢化が進んでいるため、収入を得ない非労働人口=高齢者を、労働人口より税・社会保障費を徴収し、養わなければならないという構造にある。今ですら、この歪みは年金額の問題然り明るみになっているが、50年後、100年後にはさらにその負担比率は高まっていくことであろう… そう考えると、「食費」「住…

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎⑤ 〜食費を減らす〜

…出といえば、 住宅 教育 セカンドライフ が挙げられるが、こと20代においては、「食費」と「住居費」が大きなウェイトを占めるのではないだろうか。自分が20代の頃を例にとっても、「食費」「住居費」が手取額の大部分を占めていた。「食費」についていえば、朝食はコンビニでサンドイッチやおにぎり・コーヒーを買うだけでも500円近くかかる。昼食は勤務地近くの飲食店で定食を食べると1000円近くかかってしまう。さらに丸の内近辺だと一番安くてもカレー1000円だったので、さらにかかっていた……

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎④ 〜支出を減らす〜

…するだけでも、年10万円以上支出が減らせる人も多いと思う。これだけでも10年で100万円以上貯めたことになるのだ。それが、できたら支出の大部分を占める食費・住居費に手をつけていきましょう。次回は、食費を減らす方法をお伝えできればと思います… 続く… <推薦図書> 義務教育で教えてくれないお金の話。世界中の30万人が学び、120万人が著書を読んでいる、お金のプロが優しく教える。絶対に知っておきたい7つの知恵。 書籍名:お金の教養―お金が増える7つの法則と仕組み 著者名:泉 正人

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉︎① 〜心構え〜

…に対して、同じ感覚で教育・指導しているのが実態だろう。だが、日本はのとっくの昔にその時代の終焉を迎えている。中国やインドはまさに、高い経済成長率を確保しているからこそ、報酬は年々上がり、資産は年々上がり、金回りもよくなるという好循環を回している。日本は経済成長率は横ばい、高齢化はますます進み、労働者人口は減る一方、少子化対策もほぼほぼ皆無のため、経済成長率がバブル期のように高まることは、少なくとも我々が生きている間には起こり得ないだろう…。 という中で、ただ無作為に働いていて…

ヨーダ式・ミヤギ式マネジメントはもう通用しないのでは…⁉︎

…s.hatenablog.com <推薦図書> 厳しい時代、多くの企業が苦境にあえぐ現代においても、成功と成長を続ける一部の企業。そこでは決まってトップが、それぞれ個性的なリーダーシップ、即ち「統率力」を発揮し、これを運営している。今の時代に求められる「統率力」とは?企業研修の最前線で40余年、3万人を越える人材教育に携わってきた斯界の第一人者が、20数社の具体例を引きながら、その実像に迫る。 書籍名:「統率力」で人は動く (上司と部下の<鬼>シリーズ!) 著者名:染谷 和巳

「正社員になりたい…」だけでは動機が弱い理由…⁉️

…保険料、退職金積立、教育費等含めると低く見積もっても3億円はかかる…果たして、その人材が同額以上の利益をもたらすかどうかなのだ。営業利益率が5%の会社ならば、60億円以上の売上をもたらすかどうかなのだ。定年まで雇い続ける固定費に対し、値する効果が見込めるかを判断するにあたって、正直であったとしても、「正社員になること」が動機では、弱いのだ… 面接のやりとりについて・人事のあり方についてcleome088 中途の面接だったらそのキャリアが役に立つのかみたいな話するんじゃないの?…

早く正社員になりたい…だけでは企業は採用しない…

…、制度や組織と採用・教育は密接に連関しているため、中途採用の面接に同席することも多い… 応募者は30代前半男性。独身。 最初の就職先を5ヶ月で辞め、ある分野の専門学校へ… 学んだことを活かせぬまま、派遣社員として金融機関の事務センターへ… 数年後、そこで覚えた仕事を活かして正社員になるべく就職活動… 労働人口の多い職種のため、正社員登用の道は険しく、またも派遣社員としてデータ入力の仕事へ… そして2009年、リーマンショックで派遣切りに遭う… と、ここまでが彼の略歴… 志望動…

「言語障害」と「欲望障害」

…本および海外の6 つの国(アメリカ、イギリス、スウェーデン、フランス、ドイツ、韓国)で実施された若者の意識調査(内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」)に基づき、浮かびあがってきた、突出して低い日本の若者の希望度。なぜ日本の若者が未来に希望を持てないのか、経済状況、家庭環境、人間関係、教育状況、仕事状況等々のさまざまな角度からその原因に迫る。日本の未来を考える上での必読書。 書籍名:日本の若者はなぜ希望を持てないのか: 日本と主要6ヵ国の国際比較 著者名:鈴木 賢志

日本の近い将来は…⁉︎

…たが、震災以前から抱える数々の問題は依然日本の将来に影を落としている。国内政治の混乱や巨額の負債、高齢化、硬直化した教育制度と若者の意欲喪失に加え、技術や革新の分野での国際競争力の低下や外交問題など、憂事は尽きない。本書は、世界的な経営コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーが、世界のオピニオンリーダーに日本が直面する問題について、それぞれの視点での提言を求め、それをまとめた1冊である。 書籍名:日本の未来について話そう 著者名:マッキンゼー・アンド・カンパニー

周囲から「信頼」を得るにはどうしたらいいのか…⁉︎

…こそが、信頼できる重要な要件となってきている… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> <推薦図書> 年間7,000人をトップビジネスマンにする社員教育のプロが教える、勝手に成果がついてくる「信頼される技術」とは?信頼される人に共通する「ブレない心」の作り方とは… 書籍名:【CD付】人生で一番大切なのに誰も教えてくれなかった 信頼関係の作り方 著者名:朝倉千恵子

大きな改革よりも、小さな改善を増やそう‼️

…改善」だ。これは人の教育にも役立つ。環境改善の基本は「5S」活動だと断言していい… <関連記事> nue-business.hatenablog.com <掲載ブログ> nue-business.hatenablog.com <推薦図書> オフィス業務の生産性を“大きな投資を伴わずに”大きく向上させる、実践改善手法とノウハウ集です。業務改善は難しく考える必要はなく、業務の「やりにくいところ」「不満なところ」をどんどん改善していけばよいだけです。本書はそのための改善ポイントの見…

曖昧なタスク設定は、結果的には遅延を引き起こす…⁉️

…」を検討させると、「教育する」「検討する」「周知する」…など、非常にあいまいで解釈の幅広い表現で「タスク」を定義する人を見かけます。「タスク」に重要なのは、その「タスク」を見て、何を行動するのかを考えずに着手できるくらい詳細で具体的な定義です。例えば、「教育する」ためには、「目的設定する」「対象設定する」「コンテンツを企画する」「教育資料を作成する」「参加者に発信する」「会議室を押さえる」「アンケートを作る」など、様々な行動があります。 私が言うタスクは「教育する」ではなく、…

日本のサラリーマンなんてやってられない💢

…経済である、、、学校教育では、そう教えられています。ですが、実態は富ある人から貧困層へ再配分する社会主義的になっているとも感じます。特に、超高齢化社会である近年においては、若者層が汗水かき働き稼いだ金の多くを税金として蝕まれ、高齢者へ再配分されているのが実態です。 今の高齢者層は、終身雇用・年功序列で、今の若者よりも安定的な生活を送り生涯報酬もよっぽど多く会社から貰い、年金・退職金なのどの制度にも過保護に守られ、蓄えもかなりあるはずなのにです… さらに、会社でも同様のことが起…