仕事の本質!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!


年金 の検索結果:

20代から10年で5,000万円貯めるには⁉️⑦ 〜税金を減らす〜

…今ですら、この歪みは年金額の問題然り明るみになっているが、50年後、100年後にはさらにその負担比率は高まっていくことであろう… そう考えると、「食費」「住居費」だけではなく、税金をいかに減らすかについても知識を得て、行動することで、支出額を減らし、貯めるお金を増やす方策が必要になる。しかし、残念ながら、税を減らす方策については、当然でもあるが税収が減ってしまうことを国が高らかに広報することもなく、知識を能動的に得なければ、知らず知らずに損をしているということになるのだ。ここ…

日本の近い将来は…⁉︎

… 安いのでしょうか?年金破綻はあり得るのでしょうか?知っているようで知らないことがたくさんあります。数字を使って見ることで“ありのままの日本"を浮かび上がらせ、どうすれば日本の未来が明るいものになるのか、日本が目指すべきはどこなのかを考えるための1冊です。 書籍名:日本の未来を考えよう 著者名:出口 治明 2011年3月11日に日本を襲った東日本大震災、津波被害、そして福島第1原発問題。現在、世界中の目が日本に向けられている。日本は復興に向け動き出したが、震災以前から抱える数…

マイナンバー制度とは?⑤<企業とマイナンバー制度>

…格取得届の作成 厚生年金の被保険者資格取得届の作成 雇用保険の被保険者資格取得届の作成 「マイナンバー制度」は、社会保障や税の手続きで全従業員に関係する制度です。それぞれの帳票等の提出時期までに、パートやアルバイトを含めて、全従業員の「マイナンバー」を順次取得し、源泉徴収票や、健康保険・厚生年金・雇用保険等の書類に、番号を記載することになります。 「マイナンバー」の取得 「マイナンバー」を従業員などから取得するときは、利用目的を特定して、本人に明示(通知または公表)することが…

マイナンバー制度とは?④<個人とマイナンバー制度>

…されていますが、税や年金などのプライバシー性の高い情報は記録されず、細かい個人情報が知られることはありません。「マイナンバー」の通知カードに同封され、「個人番号カード」の申請書と返信用封筒が送られるので、申請書に自分の顔写真を貼り付けて、郵送で申請することができます。また、オンラインで申請することも可能です。 「個人番号カード」を受け取る際には、本人確認が必要なため、原則として市町村の窓口に出向くことが必要になります。 「個人番号カード」は、通知カードと交換で交付されるため、…

マイナンバー制度とは?③<マイナンバー制度のメリット>

…強調されていますが、年金や納税といった社会保障や税の様々な手続きをマイナンバー1つで済ませることができる(つまり、行政手続きがシンプルになる)ため、我々国民の負担が軽くなります。これまで、なんらかの行政手続きを申請するには、まずその行政機関の窓口に行く前に、関係機関の窓口をあちこち回って、必要な書類をあらかじめ収集しておくといった手間がかかることがありました。例えば、年金の受給開始を申請する場合であれば、年金事務所で手続きをする前に、市町村で住民票や所得証明書を受領しておく、…

マイナンバー制度とは?②<マイナンバーの利用範囲>

…となります。例えば、年金・医療保険・雇用保険の手続き、生活保護や児童手当といった福祉の給付、確定申告をはじめとする税の手続き…等、様々な場面で関係書類に「マイナンバー」を記載しなけらばならなくなるのです。また、税や社会保険の手続きでは、民間企業が、個人に変わって手続きをする場合もあります。勤め先企業が、社員の給与から源泉徴収して税金を納めたり、社員の厚生年金や健康保険の加入手続きをしたり…等を行うため民間企業に対しても、「マイナンバー」の通知を求められることになります。今まで…

マイナンバー制度とは?①<マイナンバー(個人番号)とは?>

…ていました。例えば、年金手帳の基礎年金番号やパスポートの旅券番号…etc、我々に付けられている番号の種類は様々でした。こうした業績期間がら個別に与えられる数多くの番号は、それぞれの行政サービスの管轄ごとの管理番号(つまり、一人一人を特定し管理する番号)として使用されています。これによって、国民はそれぞれの行政サービスを受けているわけです。 個人番号を一つの共通番号に紐付ける しかし、こうして行政期間ごとにバラバラな番号を使用し、様々な個人情報を縦割りに管理するというのは、効率…

日本のサラリーマンなんてやってられない💢

…げられ、それ以外にも年金や相続税など、様々な国の仕組みが、こっそりと変えられつつあります。 正直、私自身多くの報酬をサラリーマンとして、会社から貰っていますが、年収が600万円から800万円、800万円から1,000万円と上がっても、実感はありません。その分、社会保険料、所得税は上がるので、可処分所得が変わらないからです。 日本は、自由主義経済である、、、学校教育では、そう教えられています。ですが、実態は富ある人から貧困層へ再配分する社会主義的になっているとも感じます。特に、…