読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



侍ジャパンから学ぶ、組織ヴィジョン

侍ジャパンの組織ヴィジョン。
週末からちょいちょい追いかけてました。
強化試合を観た雑感です。

「この組織は何がしたいのかわからない」

という印象…

本番前だからいいっちゃいいんですが、ちょいと準備不足かなと。

タイトルホルダーを集めれば文字通りドリームチームの出来上がりだが、まるでテレビゲーム…

「新しい代表チームの野球」を決めずにスターを集めて個の力で勝とうとしているようにも…

歴代代表監督の王さんや原さんは明確に「日本の野球」を定義して臨んでいた。少ない得点機を確実にモノにして守り勝つ野球だ。
けしてこの定義が一つの解ではないが、そこに欠落しているのは、組織のヴィジョンだ。

小久保監督からオーバーラップするのが、山本浩二前監督。山本浩二が率いた2013年WBC
江川さんがインタビューで「何対何で勝つ野球ですか?」とたずねた。
山本浩二は「10-0でも1-0でも勝てばいいんじゃないの?」と即答。

ちなみに原さんや王さんは「4-3、3-2で勝つ野球」と明確に示し、代表選手の選抜もその意思を確認できる布陣だった。

明確な方針は機能や個人の具体的な行動の要求につながり、組織に秩序や明確な評価軸を生む。

それが個人の課題認識や反省を促し、個人が自己成長を遂げる。ここで初めて「個人」の話になるのだ。

それを重ねてチームは短期間の激戦を経て学び、育っていく。2006、2009年はまさにそんなチームで世界一になった。

山本浩二や小久保監督はそれを学んでいないのであろう。

「やるのは選手だから」とよく言うが、やりやすく示すのは上の仕事だろう。

ファンやメディアはそれを感じて、大谷大谷大谷…と個をクローズアップする。

収穫は、秋吉と「神ってる」鈴木誠也
とまた個の話。

シリーズ通じて雑な感じのする強化試合でした。日本シリーズの質の高い激戦を観たあとだけに…