こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



従業員満足やワークライフバランスが先ではないのだ‼️

世の中の機運として、従業員満足ワークライフバランスを問う意見が多い。

もちろん、これらは重要だし否定するものではない。私自身も肯定的だし大賛成だ。

 

だが、決してトリガーではないと思えるし、順序を間違えるべきではないとも思う。

 

→ お客様が喜ぶ

→ 評価をしてもらえる

→ 課題や達成感を感じる

→ 努力を重ねる

→ 売上が上がる

→ 利益が上がる

→ 会社の環境整備や評価制度に反映される(従業員満足ワークライフバランス

→ 従業員とその家族が幸せになる

→ 従業員はさらにがんばる

→ お客様はさらに喜ぶ

 

やはり、顧客がトリガーだ。

 

世の中の機運を逆手に、会社の環境整備や福利厚生の充実を「従業員満足」と叫ぶ従業員に辟易する。


順番が違うのだ。


環境整備はお金がかかる。

そのお金はどこから出るの?を考えれば分かりそうなものだが…


誤った従業員満足ワークライフバランス論に、ため息が出る。

もちろん、上記過程の中で、環境整備やワークライフバランスを充実させることは非常に有意義である。そうして活力ある組織や採用競争力が得られるのもわかる…。

 

ただ、お客様に喜んでいただく…これがトリガーであることに変わりはない。

 

f:id:nue0801:20161105215303j:plain

 

<推薦図書

「生産性を上げるには、チームでやらなきゃダメだった!」600社へのコンサルティング経験の中から編み出した、リーダー・マネジャーのための新しい仕事術。付加価値勝負の時代には、仕事を効率化して、「アイデアの引き出しを満たす時間」を確保することが大切です。定時で帰るために、コミュニケーションを「しくみ化」し、メンバーを育てましょう。上司と部下をつなげる「25のツール」で、仕事スピードはグンと上がります!

 

書籍名:なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術
著者名:小室 淑恵