読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



当事者意識とは…? 組織の壁を越え「我が事」と捉えられるか⁉️

当事者意識とは?

当事者意識とは…?

 

責任ではなく責任感。「我が事」として捉えているかどうか…。

会社の経営は経営者が考えるが、その経営のために自分が何をすべきかを考えること。

他の部署のことでも、我が事を拡大解釈でき、何をすべきかを考えられる意識のこと。

それらの分離が激しい従業員は存在意義を失う…


当事者意識ってなんだろう?

それがあるのとないのとで何が違うのだろうか?


そんなことを考えると、何をすべきかが見えてくる。

組織を作ると、組織内の連帯感を生み、守備範囲を明確にし、仕事を進めやすくする…

一方で、組織があると、責任をなすりつけやすくもなる…

多くの方が、自部署最適な考えを押し付け合う、組織の壁なるものを感じたことも多いだろう。

 

当事者意識ってなんだろう?

 

f:id:nue0801:20161014222811j:plain

 

<推薦図書

大胆な発想で、業界の聖域に挑め!アップル、グーグル、ユニリーバ…成功企業に共通する「大きく考える」戦略とは何か?現状維持に汲々とし、創造性をつぶす「小さい考え」を打破し、「大きな考え」で競争の質を変える方法とは?競争に勝つためにいちばん大切な戦略構築とその実行を、6つのステップでわかりやすく解説。世界的ベストセラー『経験価値マーケティング』の著者が満を持して放つ最新作。

 

書籍名:大きく考える会社は、大きく育つ―大胆な発想を阻む組織の壁を打ち破る方法
著者名:バーンド・H. シュミット