読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



管理職間の不和ほど見苦しいものはない…

管理職同士の不和…

会社でもよく見る光景ではないだろうか…

タチの悪いのは、口もきかない結果、物事が進まないことが多々ある。

 

管理者同士の不和は、大人の話合いで解決するしかない。

感情的にならず、自分の反省を込めながら話をすべし。

 

人間なので、嫌いな人間と口も聞きたくないという気持ちはよく分かる。

だが、君たちは会社や部下の将来を左右する立場にいるのだ…

「よくしたい」という目的に違わなければできるはず…

 

それすらできないのであれば、今すぐその職を辞してくれ…💢

なぜならば、経営にとって物事が進まないことは重大な過失だからだ。

 

自分はもちろん、部下の生活を守るためには、「かいてもいい恥」だと思うぞ。

互いに勇気を持つのだ。

さあ、話し合え。今すぐに。

 

管理者間の不和を目の当たりにして呼応。


目指す姿が一致しないとなかなか話が通じない。

双方の話に目的意識の齟齬はない。


では話し合えばいいじゃないか?

 

がんばれ!管理職!

 

f:id:nue0801:20161002232242j:plain

 

<推薦図書

「それ、あとでいい?」忙しい時、つい、いっていませんか? 実はあなたのこの一言が、部下のモチベーションや生産性を著しく下げている可能性があります。あるいは、「部下が理屈屋で、何をいっても文句ばかり」、「うちのは勝手ばかりやって困る」、「そもそもなんだかウジウジしていてやる気が見えない」とか、部下にまつわる上司の悩みは尽きないもの。しかし、「頭でっかちに見える理屈屋の部下に将来のエースが潜んでいる」「勝手にふるまう部下を成長曲線に乗せて花開かせる方法がある」といったらどうでしょうか? 「今の仕事が天職とは思えないんです」なんていう部下にも、「ご託を並べる前に働け!」と言い返したいのをぐっとこらえましょう。本書では、上司が陥りがちな部下育成のワナや、タイプ別部下の育て方など、すぐに使える方法をふんだんに紹介します。忙しすぎる現代のプレイングマネージャーに贈る、リアルな事例満載の書。

 

書籍名:ダメな部下でも伸ばす上司、できる部下まで潰す上司
著者名:本田 有明