読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



そこのキミ、幼稚な「告げ口」をやめてくれないだろうか⁉️

「◯◯さんの業務ミスが多いので、担当を外して下さい」

 

どこの職場でも、よくある話…

ミスの事象や損害だけで、外すかどうかの判断をしてはいけない…

そんなものは幼稚な「告げ口」だからだ…

 

ミスには、原因と対策がセットだ…

すぐに、「人」に帰結するものではない。

ミスを繰り返した場合は対策を実行していないか、対策が誤っているかのどちらかなので、論理的にその検証をしないままに「人」をどうこうするなどの判断をしてはいけないのだ。

 

ミスの被害を被った側が感情的になるのは理解するが、感情に任せて「告げ口」するのも非常に幼稚な話だ…

幼稚な告げ口で判断を迫られるマネジメント側はたまったものではないし、そんなマネジメントコストもバカバカしい…。


そこのキミ、「告げ口」をやめることは出来ないだろうか?

すぐに「人」に帰結し、あたり散らすのは、やめてもらえないだろうか?

経営者を困らさないでくれ…

 

<推薦図書>

出世の見込みのない凡人同士の足の引っ張りあい。本書は、そんなネガティブな社員の心理を解説するとともに、対応策を提示いたします。凡人グループから抜け出したい方、凡人グループに困っている方に本書は、役立つはずです。

書籍名:凡人同士の足の引っ張り合いから抜け出す方法。妬み、陰口、いじめを避けて出世競争に勝つ。
著者名:MBビジネス研究班