こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



小保方にしても、ベッキーにしても…(ー ー;)

小保方春子さんが、あの騒動についての手記「あの日」を発表した…

 

書籍名:あの日 
著者名:小保方 晴子

 

 

 

科学者ではないので、科学的な事実や論拠については一切わからないが、

あの騒動で我々一般人が見て取れたのは、理化学研究所の無責任体制」と、「彼女の利己的な性格」ではないだろうか…

 

以前に書いた記事「小保方問題」では、加熱する報道に対して、彼女を擁護し、「理化学研究所の無責任体制」を批判したが…

 

以下引用…

少し前の話だが、連日小保方晴子さんのニュースばかりだった…。

 

確かに、稚拙なミスもある…。

しかし、あそこまでの、バッシングにも違和感を感じる。


理研の組織形態を詳しくは知らないが、

おそらく彼女の上司や管理者はいるのでは?


マネジメント不在の状態…。私にはそう見える…。


あの論文を許可したのは誰なのか?理研との敵対構図がみてとれたが、本来は理研として、本人や論文を管理する権利と義務があるはず…。


会見に管理者や責任者不在だったのは、理研ならではの組織形態?それとも逃げ?

責任者が責任を取らない組織は統制がとれない…。

責任者不在の組織は野放図だ…。


小保方さんを褒めるべきではないが、一方で同情はする…。

 

<推薦図書>

本書一冊でSTAP細胞騒動の過去と今後のすべてが解ります。

書籍名:STAP細胞の真実_日本中が驚いた小保方晴子氏を巡る騒動劇の全貌解明! 
著者名:岡田 愛史

 

 

今回、小保方さんは、手記「あの日 」を発表することで、何をしたかったのだろうか…

  •  理化学研究所の否定だろうか、

  • 自身への自己弁護だろうか、
  • はたまた、あの騒動を利用した商売なのだろうか…
  • …etc

 

ベッキー同様、記者会見では謝罪をしながら、腹の底では別のことを考えているのかと、穿った目で見ると、おそろしく利己的で、強欲な側面が見え隠れするのである…

 

ベッキーも、数年したら今の騒動を利用した商売をするのだろうか…

「しくじり先生」とかに、堂々と復帰しまた商売をしてそうな気がしてならない…

(記事「ベッキーこそが、ゲスの極み❗️新たに会見前日の下衆すぎるLINEが流出…⁉️」参照)

 

小保方にしても、ベッキーにしても、女性はたくましいな…(ー ー;)

                      ⬆️これはいい意味でです…

 

f:id:nue0801:20160128105053j:plain

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

nue-childcare.hatenablog.com