読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



無理難題への対処の仕方

顧客や上司に無理難題を言われることは多い…。

 

  • 品質高く、
  • コストを安く、
  • 短納期で…

 

はっきり言って無理・無茶である…。

 

このような場合は、まずは説明をしよう。

この行程をせずに、「わかりました!頑張ります!」なんてやっちゃうと、大きな失敗につながる。

結果自分の非になることも多い…。

精神論しか言わない上司には、特に重要だ…。

 

  • 無理 …物理的に不可能であること。理屈が通らないこと。
  • 無茶 …実現するには、何かを虐げることになること。
  • 無駄 …やったとしても、成果が得られないこと。

 

この3つをきちんと論理的に説明をしよう。

この説明し、上司や顧客が納得した上で、起きた事象(失敗)には、上司や顧客もこれ以上何も言えない。

 

そうした上で、業務改善をしよう!

どうにかして実現できないかを考えよう!

無理・無茶を実現するための戦略や戦術を練ろう!

 

「今できないことも、いつかはできる。」

そのように考え、考え、考え、選択肢を増やそう!

一つの選択肢に固執すると答えは出てこない。

 

  • 正解は一つとは限らない。
  • 正解は回り道をすることかもしれない。
  • 正解は遡ることかもしれない。

 

ヒントは、「一石二鳥」を狙うこと!

様々な、無理・無茶・無駄を回避する術を「一石二鳥」を狙い模索すると、新たな視点で物事が見つめられ、ブレイクスルーな解が、アイデアが、見つけられるかもしれない…。

 

<推薦図書>

書籍名:ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる
著者名:木村 健太郎