読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



日本の近い将来は…

日本の近い将来を想像してみた…

 

物が売れない日本企業は、

  • 海外に進出するか、
  • 高齢者マーケットに特化するか、
  • 新エネルギー分野にチャレンジするか、

そんな選択肢しか、売り上げを伸ばす道はない…。

 

生き残る為には、売り上げを伸ばすのではなく、どのように費用を最小化するかに苦慮している…。

 

この傾向が続くと、日本全体の労働者所得は全体的に低所得となるであろう。現在、日本の平均年収は300〜400万円くらいらしいが、それ以下の労働者が平均となる日も遠くない…。

 

今のこのスピード感だと、あと10年もすればあっという間にやってくる。そんな時代があっという間にやってくるのだ…。

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

私たちが暮らす日本。皆さんは、日本のことをどこまでご存じですか?日本を小さな島国と思っていませんか?日本の税金は高いのでしょうか? 安いのでしょうか?年金破綻はあり得るのでしょうか?知っているようで知らないことがたくさんあります。数字を使って見ることで“ありのままの日本"を浮かび上がらせ、どうすれば日本の未来が明るいものになるのか、日本が目指すべきはどこなのかを考えるための1冊です。

書籍名:日本の未来を考えよう
著者名:出口 治明

 

 

2011年3月11日に日本を襲った東日本大震災津波被害、そして福島第1原発問題。現在、世界中の目が日本に向けられている。日本は復興に向け動き出したが、震災以前から抱える数々の問題は依然日本の将来に影を落としている。国内政治の混乱や巨額の負債、高齢化、硬直化した教育制度と若者の意欲喪失に加え、技術や革新の分野での国際競争力の低下や外交問題など、憂事は尽きない。本書は、世界的な経営コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーが、世界のオピニオンリーダーに日本が直面する問題について、それぞれの視点での提言を求め、それをまとめた1冊である。

書籍名:日本の未来について話そう
著者名:マッキンゼー・アンド・カンパニー