こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



周囲から「信頼」を得るにはどうしたらいいのか…⁉︎

どうすれば信頼は得られるのか?

前述記事「金儲けの前にまずやるべきこと❗️」では、信頼を得ることが、まず重要だと述べた。今回は、その続きとして、どのようにすれば信頼を得られるかについて、述べていきたいと思う。

 

まず、信頼を得る為には、様々な要素があります。けして一つの正解ではありません。マネジメント(記事「上司としてのスタンス」参照)同様、どのような上司ならついていくかに似ていますね。

 

信頼を得るための要素として、わかりやすいのは、

  • 所属
  • 役職
  • 家柄
  • 学歴
  • 収入
  • 見た目
  • 服装
  • 清潔感
  • …etc


わかりにくいのは、

  • 人柄
  • 知識
  • 優しさ
  • 賢さ
  • 真摯さ
  • 一生懸命さ
  • …etc

 

わかりにくさは、受け取り手の価値観に左右されやすいからだ。人には、感情があり、個々に異なる。同じ人であったとしても、時間軸や状況により可変する。恋愛でも、夫婦関係でも、同級生でも、やはりこの難しさやわかりにくさは、可能性としては残るだろう。

 

信頼とは「得をさせる」こと!

では、信頼とは…?本質的な正解を述べるのであれば、「受け取り手にとって、安心して損をしない、得をするという感情」であろう。 結局のところ、人間は得をしたいのであって、自分を損させない、得をさせる、と感じるから、信頼できるのである。身も蓋もない解ではあるが、やはりこれが本質だと思う。表現はさておき、信頼がおけるとは、そういうことなのだろう。

 

では、受け取り手にとって、「安心する、得をする人」とはどのような人であろうか?上記のわかりやすい要素を持ち得るだけでなく、スピードが求められ、変化が尽きないこの世の中においては、情報を提供すること=情報の質・情報の量こそが、信頼できる重要な要件となってきている…

 

f:id:nue0801:20170607083312j:image

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

 

<掲載ブログ> 

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

 

<推薦図書>

年間7,000人をトップビジネスマンにする社員教育のプロが教える、勝手に成果がついてくる「信頼される技術」とは?信頼される人に共通する「ブレない心」の作り方とは…

書籍名:【CD付】人生で一番大切なのに誰も教えてくれなかった 信頼関係の作り方
著者名:朝倉千恵子