こうすれば、お金は儲かる!

会社を活用してビジネスセンスを磨き、独立し成功しよう!



マイナンバー制度とは?①<マイナンバー(個人番号)とは?>

2015年10月より、国民一人一人に割り振られた「マイナンバー」の通知が始まった。新聞やニュースでも取り上げられることが多くなり、その存在自体は皆知るものの、全ての国民と企業に関わる重要な制度のスタートにもかかわらず、現状において、その内容を理解している人は少ない…。「マイナンバー(制度)」とは何なのかという基礎的な知識から、そして実際に我々国民や企業経営者が、具体的に「いつから」「何をすべき」なのかについて、考察していきたい。

 

マイナンバー」とは?

マイナンバー」は、赤ん坊からお年寄りまで、国内に住民票を持つ(すなわち、住民登録をしている)全ての住民一人一人に、一つずつ割り当てられる個人番号で、12桁の数字だけで構成されるものです。各自の「マイナンバー」は、その番号を知らせる「通知カード」に記載されて、市町村から住民票のある住所宛に、世帯(家族)ごとにまとめて簡易書留で郵送され、手元に届くことになる。この「マイナンバー」は、誰一人として同じものはない、与えられた人独自の番号であり、生まれてからなくなるまで、原則的に一生変わることはありません。

 

バラバラに管理されていた個人番号

実はこれまでも、国民は行政機関や地方公共団体などが提供する様々な行政サービスごとに、一人一人が個別に、それぞれ違う番号を割り当てられていました。例えば、年金手帳の基礎年金番号やパスポートの旅券番号…etc、我々に付けられている番号の種類は様々でした。こうした業績期間がら個別に与えられる数多くの番号は、それぞれの行政サービスの管轄ごとの管理番号(つまり、一人一人を特定し管理する番号)として使用されています。これによって、国民はそれぞれの行政サービスを受けているわけです。

 

個人番号を一つの共通番号に紐付ける

しかし、こうして行政期間ごとにバラバラな番号を使用し、様々な個人情報を縦割りに管理するというのは、効率的ではなく、それぞれ別々の行政サービスの分野や行政機関の間で横断的に個人を特定するための番号ではありません。このため、いわば縦割り行政の弊害で、それぞれの行政機関が管理している個人情報が、はたして同じ人の情報なのかどうかを確認するのに時間や労力といった手間がかかり、情報の連携がうまくいかなかったのです。こうしたことから、これまで各行政機関がバラバラに管理している個人情報を、「マイナンバー」という一つの共通番号に結びつけ、各行政機関の垣根を取り払って共有し、必要に応じて互いに引き出せるようにするなど、効率的に管理しようとしうてのが、「マイナンバー制度」です。このように、マイナンバー制度は、いわば縦割りの行政事務に横串を刺し、行政機関どうしのよこのつながりをつくるものだと言えます。各行政機関がそれぞれ管理し、保有している個人情報のやりとりを、スムースに進めるための社会基盤インフラ、それが「マイナンバー制度」なのです。なお、「マイナンバー制度」が導入されるからといって、これまでに使用されてきた基礎年金番号や運転免許番号といった個別の管理番号が、今後は使用されなくなるというわけではありません。(少なくとも今現在の構想においては、)こうした番号が、全て「マイナンバー」に取って代わられ、統一されるわけではないのです。これまでの番号はこれまで通り使用されますが、「マイナンバー」でこれらが横につながれるということであり、つまり「マインバー」の下に、これまでの割り当てられているバラバラの管理番号が紐付けられて使用されるということになります。

 

個人情報が一元管理されるわけではない

ここで注意したいのは、「マイナンバー制度」が導入されても、これまで各行政機関で管理していた個人情報は、引き続きそれぞれの行政機関で管理するということです。個人情報が、ある特定の行政機関に集められ、そこでまとめて管理(つまり一元管理)されるわけではありません。したがって、(少なくとも今現在の構想においては)一手に握られた個人情報が、ごっそりまとめて漏れてしまうという心配はなく、個人情報はこれまで通り「分散管理」されて、「マイナンバー」は、こうして分散された個人情報をつなぐためにのみ利用されます。

 

f:id:nue0801:20170604003015j:image

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<掲載ブログ>

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書

非常に簡単でわかりやすい本です。

書籍名:個人と会社マイナンバー制度がわかる本
著者名:コンデックス情報研究所

 

 

その他、マイナンバー制度に関する書籍はこちら⬇️

マイナンバー制度に関する書籍一覧